生理中に多いお尻、ビキニ・ショーツラインのかぶれ、ムレを改善する布ナプキンの効果とは?

生理中のナプキンかぶれを防ぐ方法

一般的にナプキンはプラスチック系素材を使っているため、蒸れてかぶれやすくなります。
特に肌の弱い敏感肌の女性には、生理中や生理後にかぶれてしまうことは少なくありません。

こういった女性の多くは、使用しているナプキンが肌に合っていない可能性が高いです。
薬局や皮膚科でもらった薬で治らなかった女性でも、ナプキンを変えるだけで改善されたという方は多いです。

生理中にかぶれてしまう原因とは?

悩み

生理中にかぶれたり、痒くなったりする原因は「ナプキンによるムレ」と「ナプキンによる摩擦」です。

ナプキンを当てている状態が長くければ長いほど、湿った状態が続いてしまいますよね?

汗や出血で湿った状態で過ごすと、雑菌が増え蒸れて、かぶれや痒みへと繋がります。

また、ナプキンが肌にふれてしまうため、摩擦が刺激を与え、この摩擦が「かぶれ」や「痒み」の原因になることもあります。

ナプキンかぶれを防ぐ薬とは?

こういったナプキンかぶれに対して、薬局でも手に入るオロナイン軟膏やフェミニーナ軟膏、ムヒアルファなど薬に頼る方もいます。
仮に薬で一時的には治ったとしても、結局はかぶれを根本から治すことにはなりません。

薬はあくまでも「かぶれ」が出来たときに役立つのであって事前の予防にはなりえません。
軟膏などの薬はあくまでも「かぶれ」や「できもの」が”出来た時に”使用するものです。

それよりも「かぶれ」を誘発させないことが大切。
布ナプキンは「かぶれ」を”予防するため”に非常に効果がありますよ。

生理中のかぶれを予防する「布ナプキン」の効果とは?
紙ナプキンから布ナプキンに変えて最初に感じるのが肌触りの良さです。
下着をつけている感覚とほとんど変わらないため不快感を感じずに過ごせます。

何よりも良いのが紙ナプキンと比べて、ムレないため「かぶれ」や「かゆみ」が発生しにくくなります。
また、衣類と同じで体温を保ってくれるため子宮の冷えを解消するだけでなく、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症の予防にもなるんですよ。

人によっては経血量が減ったり、生理痛が緩和されることもあり、生理痛に悩む女性には人気となっています。

オーガニックコットン100%の布ナプキン「Linten(リンテン)」

布ナプキンの唯一のデメリットが漏れてしまうことでした。
その布ナプキンのデメリットを改善したのがオーガニックコットン100%の「リンテン」の布ナプキンです。

吸収率4倍で漏れを防ぎ、紙ナプキンの安心感を残しつつ、肌に優しく安心して利用できます。

リンテンの特徴
  • 吸収率4倍で漏れを防いでくれる
  • 撥水加工で湿度を外に逃がしムレを防いでくれる
  • オーガニックコットン100%で肌に優しい

リンテンの布ナプキン


生理中でなくても、常日頃からかぶれるなら
生理中でなくても、いつもかぶれたり、痒みを感じている。
それが生理中になると更に酷くなる場合は、アンダーヘアが影響しているかもしれません。

もしアンダーヘアもを何も処理していないなら少し恥ずかしいかもしれませんが毛先を処理するようにしましょう。
最近では若い女性を中心に「アンダーヘア」の脱毛もメジャーになってきました。

アンダーヘアの脱毛は生理の悩みを解消するだけでなく、黒ずみや衛生上でも非常に有効です。
2〜3年ぐらい前までは「脱毛=怖い・高い」というイメージが定着していましたが、最近はお手頃価格でサービスも非常に良くなりました。

勧誘なし!明瞭会計!のミュゼプラチナム

脱毛サロンはちょっと悪いイメージがある方も多いですよね。
特に某大手サロンでは、勧誘が酷く、脱毛以外の料金がかかることも少なくありません。

「この化粧品を使わないと脱毛効果は半減します」などと施術中にいって高額な化粧品等を買わせようとします。

冗談のように聞こえるかもしれませんが、ここで断ると店員の態度が急変することも・・・。

その点、ミュゼプラチナムは勧誘が本当にない脱毛サロン。
価格もリーズナブルに抑えつつも、脱毛効果が高く、綺麗に脱毛できますよ。

またミュゼプラチナムの脱毛はSSC脱毛といわれる、ジェルと併用することで「痛みの少ない」脱毛を実現。
アンダーヘアの脱毛は一般的に非常に痛く、肌への負担も大きいのですが、ミュゼの脱毛なら痛みを最小限に抑え肌に優しい脱毛ができます。

ミュゼプラチナム