お尻のできものを薬やクリームを使って綺麗に治す方法「ワセリンの効果とは?」

お尻のできものへのワセリンの効果

冬の乾燥する季節に重宝される「ワセリン」ですが、ニキビにも効果があったという話を耳にします。
実際のところ「ワセリン」は、お尻のできものなどのニキビに効果はあるのでしょうか?

まず、ワセリンは100%ミネラルオイルです。
水分の蒸発を防ぎ、乾燥からお肌を守ってくれます効果があります。

しかし、ワセリンそのものに「できもの」を治す効果は期待できません。
成分をみても「ニキビ」を治す効能はなく、むしろ毛穴が閉じますし、石油系の油のため悪化する可能性も。

また、夏場のような紫外線の強い時期に、顔や腕など肌を露出している場所に塗ると「油焼けをする原因」となります。

ただ体質的にあっている人はまれに治ることもあります。
ワセリンがニキビに効いたという人はワセリンが体質的にあっていたということでしょう。

そのためネットの口コミなどで「ワセリンがニキビに効果がある」という人の話を鵜呑みするのは危険です。
ワセリンはドラッグストアなど手軽に買えますし、安いので試しに使ってみるのは良いかもしれません。

ワセリンの詳細

以下にワセリンの成分、効果・効能について記載いたします。
ワセリンは強い保湿効果がありますし、前述の通り安いのでニキビに使えなくても持っていて損はありません。

ワセリンの効果・効能
手足のヒビ、アカギレ、皮ふのあれ、その他皮ふの保護

ワセリンの主成分
1g中 日局白色ワセリン 1g含有(健栄製薬の白色ワセリン)

おすすめのワセリンの使い方
ワセリンは主に乾燥肌、アトピー肌の方のようなカサカサ状態を軽減させる塗り薬としては非常に優秀です。
皮膚から水分が失われるのを防ぐ効果があります。

おすすめは乾燥する冬場の使用です。
夏だと私は油焼けが怖いので使用しませんが、冬には重宝しています。

ワセリンは鉱物油ですので、塗るとベタベタしますし、テカテカしてしまいます。
私は肌の保護剤として使用しているので、保湿するため水分を保持する為の皮脂膜の代用として薄く塗るようにしています。

ワセリンにかぎらず塗りすぎは、あまりお肌に良いとは言えないですしね。

人気ランキング